【グローバル教育】JOA第6回ユースセッションに参加しました

2018年12月25日(火)~12月27日(木)の日程で、本校生徒1年生7名、2年生1名の計8名がJOA(日本オリンピックアカデミー)第6回ユースセッションに参加しました。

このイベントは、2泊3日で中京大学豊田キャンパスにて行われました。
学校教育では得ることができないオリンピック・ムーブメントに関する学習を行い、複数の学校や全国各地から集まったスポーツチームの学生がスポーツ活動や文化的活動を共に経験することによって、オリンピズムを体感し、知的理解を深める目的があります。

開会式は、実行委員の木村華織先生(東海学園大学講師)の『オリンピック賛歌』についての講義から始まりました。『オリンピック賛歌』とは、現在IOCが関連する行事では、必ず演奏される曲です。『オリンピック賛歌』と日本の関係は切っても切っても切り離せない関係にあることを学びました。

alt

実行委員長の來田享子先生(中京大学教授・JOA理事)の挨拶では、『選手村』についてお話していただき、「この3日間、選手村でどう過ごすか」という課題を呈示されました。生徒たちはどのような3日間を過ごすのか、楽しみになりました。

オリンピックに関する講義を受けたり、スポーツをしたり、濃い3日間を過ごした生徒たちの最終日の表情を見ると、1日目の集合したときの表情とは全然違っていました。

alt

 

このページのトップへ