【陸上競技部】 女子400mリレー優勝を知事へ表敬訪問

9月12日(火)、愛知県公館にて、インターハイ女子400mリレー優勝を
県知事へ表敬訪問し、結果を報告しました。

alt

今回の表敬訪問は、決勝を走った4選手(髙須、久野、天神、長谷川)と、決勝まで導いた柴崎選手の
5名が学校長、陸上競技部監督北村教諭と共に訪れました。


始めに北村監督より、「昨年のインターハイでは2位、その悔しさをあたためて、
1年後優勝することができました」と大会の結果報告を行いました。


alt

続いて、生徒が大会を振り返り、
決勝第一走者の髙須選手(1年)は「1年生でこの舞台に参加できて光栄だった。参加した
選手のみならず、サポート部員の力が大きく、全員でつかんだ優勝でした」

第二走者の久野選手(3年)は「昨年2位だった悔しさを糧にやってきた。特にバトンワークの
練習が優勝につながった」

第三走者の天神選手(2年)は「ずっと日本一を目指していた。来年も連覇したい」と意気込みを
語り、

アンカーの長谷川選手(3年)は「(今回表敬訪問には参加していない他のメンバーを含め)9人で
この日本一を勝ち取りました。今後の日本選手権でも優勝したい」

柴崎選手(3年)は「9人で予選から戦い、インターハイで1位を取れて嬉しい。後輩が連覇して
くれるのを応援しています」と、語りました。


alt
大村知事は「愛知県に優勝をもたらしてくれた。これを誇りとしてこれからもがんばってください」
と選手を激励されました。

alt
最後に全員で記念撮影。(写真右手より、寺西県議、本校学校長、左が陸上競技部監督北村監督)

今後も陸上競技部の応援をよろしくお願いいたします。


 

このページのトップへ