【国際交流】  「トビタテ!留学JAPAN」フィジー留学報告会 実施

 1222日(金)終業式後、「トビタテ!留学JAPAN」プログラムにおいて見事代表に選ばれ、夏期休暇中にフィジーへ留学した甲斐田真希さん(特進コース2年)による報告会が行われました。

alt

プレゼンテーションを行う甲斐田さん。冒頭でフィジーの民族衣装「スル」を身につけ、全校生徒の興味を惹きつけました。


 「トビタテ!留学JAPAN」とは、文部科学省が民間企業と協働で日本の若者の海外留学を促進する取り組みで、官民協働で「グローバル人材育成コミュニティ」を形成し、将来世界で活躍できるグローバル人材を育成するためのプログラムです。

(詳細はhttp://www.tobitate.mext.go.jp/hs/index.html

 本校では生徒たちが海外を体験するための機会の一つとして、積極的に参加を呼びかけています。本年は甲斐田さんと矢野七瀬さん(国際英語クラス3年、アメリカに留学)が代表に選ばれ、得がたい経験と、多くの学びを携えて帰国しました。


alt

 フィジー特有の文化である「ケレケレ(=“分かち合い”)」について説明する甲斐田さん。
「幸せ」とは何かについて考えさせられました。


alt

 幼稚園での実習で出逢った一人の少女との交流について言葉を発することができない少女と粘り強く接した思い出について、心のこもった言葉で語ってくれました。最後に少女が皆の前で堂々としゃべった、というエピソードが感動的でした。


alt

甲斐田さんの熱のこもった話に聴き入る生徒たち

 今回の甲斐田さんのプレゼンテーションは、多くの感動を呼びました。1300人の全校生徒に臆することなく、堂々と語った姿も印象的です。
 甲斐田さんは本校のオープンスクールや「トビタテ!留学JAPAN」の次年度向け説明会(名古屋で実施)でも素晴らしいプレゼンテーションを行いました。(オープンスクールの様子はこちらをご覧下さい)
http://www.chukyo.ed.jp/2010-03-03-07-31-35/879-2017-10-24-04-43-40.html

 なお、本校では、「トビタテ!留学JAPAN」プログラム応募(次年度応募分は締切)をはじめ、「クーベルタンユースフォーラム」参加(詳細はhttp://www.chukyo.ed.jp/news.html?start=36をご覧下さい)

「ニューヨーク海外研修&フォレストヒルズ高校訪問」(詳細はhttp://www.chukyo.ed.jp/2010-03-03-07-31-35/897-2017-12-15-02-45-25.htmlをご覧下さい)

 韓国・漢西高校との交流(次年度に向け調整中)などを企画しております。是非とも積極的なご参加をお願いします。

中京大学附属中京高等学校では、これからもさまざまな形でグローバル教育を推進していきます。いっそうのご理解・ご協力をお願いいたします。(グローバル教育推進部)

 

このページのトップへ