【陸上競技部】 「東海高校総体」結果報告

 6/15~17に三重県伊勢市の三重県営陸上競技場に於いて、東海高校総体が実施されました。総合成績は、男子2位、女子3位という結果でした。昨年、東海高校史上初のアベック優勝を飾り、本年度は連覇を目標にしていましたが、悔しい結果となりました。個人の成績では、男子優勝1種目、2位2種目、3位リレー2種目、5位2種目でした。男子の唯一優勝を果たした3000mSCの岡内雅矢③は、大会記録まで0.95と迫る好記録で優勝しました。そして女子は、優勝5種目、2位400mR、3位1種目、4位1種目、5位1600mR、6位1種目でした。優勝した5名は、100m 髙須鮎香②、800m 細井衿菜③、100mH 安達楓恋②、三段跳 平松紗季③、七種競技 伊藤桃子② の5名でした。なかでも100mの髙須鮎香は、準決勝において、2013年に本校卒業生の杉山美貴が樹立した大会記録にならぶ11”81をマークしました。また、800mの細井衿菜は、次週行われる日本選手権に照準をあわせていくなかでレースに出場し、大会記録まで0.13に迫る好記録をマークしました。現在高校ランキング1位の彼女は、日本選手権入賞を目標にしています。
この大会で6位入賞を果たした選手は、8/2~6に同競技場で行われる全国高校総体に出場します。1名でも多く全国優勝の報告ができるよう部員一丸となって頑張っていきますので、ご声援よろしくお願いします。

alt

         3000mSCで優勝した岡内

alt

          100mで優勝した髙須


alt
         
          800mで優勝した細井


alt

         100mHで優勝した安達


alt

         三段跳で優勝した平松


alt

        七種競技で優勝した伊藤


※陸上競技部の全結果はこちら(PDF)

 

このページのトップへ