中京大学附属中京高等学校 同窓会中京大学附属中京高等学校 同窓会

同窓会について

ご挨拶

「振り向いて下さい。
新生の中京大学附属中京高等学校同窓会を」

中京大学附属中京高等学校は、5年後の2023年に100周年を迎えます。これは同時に梅村学園の100周年ということになります。
現在の中京高等学校は、梅村清光校長によって1923年(大正12)に「中京商業学校」として開校しました。名古屋市で最初の5年生甲種商業学校として優秀な生徒が集い、そして学び卒業し社会で活躍を始めました。太平洋戦争が激しくなった1844年(昭和19)には、校名を「中京女子商業学校」に変更し、3年間女子教育に力点を移した時期もあり、早くも女子の卒業生が生まれました。
戦後の1947年(昭和22)に「中京商業学校」として復活し、翌年の学制改革により「中京商業高等学校」となり、「学術とスポーツの真剣味の殿堂たれ」を旗印に教育が展開され、多くの優秀な卒業生が社会の様々な分野で活躍されています。
その後、1967年(昭和42)には「中京高等学校」と改称され、1995年(平成7)には中京大学を視野に普通科のみの「中京大学附属中京高等学校」として出発し、さらに改称されました。そして、1998年(平成10)には男女共学の高校としてスタートし、現在では活力溢れた女子生が70%にせまる勢いで在学しています。
したがって男女の同窓生が、続々と大学で学び卒業し、社会において大活躍しています。
この時代に即応した中京大中京の大変化を受けて同窓会も改革を開始しました。従来の同窓会会則・組織を見直し、校名に附属が付せられているように、中京大学の校友会(同窓会)と深く関連を持たせ、2017年5月に、新生「中京大学附属中京高等学校同窓会」として発足しました。理事会を常に開催し、より良い同窓会のあり方を模索し事業を進めて参りますので、ご注目して下さい。
現役社会を卒業し穏やかに日々をお過ごしの大先輩の方々、社会のあらゆる分野の各層で精力的に活躍の卒業生の皆様には、是非時折懐かしい中京大中京を振り返って下さい。そして、今後の新生同窓会に絶大なご支援を宜しくお願い申し上げます。
新(あらた)しき 年の始めの 初春の 今日降る雪の いや重(し)け吉事(よごと)
この和歌は、万葉集に載せられた大伴家持の予祝の歌です。この和歌を詠めば皆様必ず良い事が始まるはずです。

役員

同窓会役員

同窓生数

同窓生数

会則

中京大学附属中京高等学校同窓会会則

お問い合わせ

〒466-8525
名古屋市昭和区川名山町122
中京大学附属中京高等学校 同窓会事務局

  • 中京高等学校 創立100周年記念事業 母校への寄付
  • 梅村学園100周年記念寄付金
  • 学園史だより

中京大学附属中京高等学校
同窓会事務局

〒466-8525
名古屋市昭和区川名山町122
TEL: 052-761-5311(代)
FAX: 052-752-5488
MAIL: dousoukai@chukyo.ed.jp