教育理念

創立から今に引き継がれる、時空を超えた教育理念。

中京大学の創立者であり、初代学長の梅村清明は、建学の精神にうたわれた「学術の場」と「スポーツの場」のあり方について、次のように示し、時空を超えた教育理念として今に引き継がれています。

建学の精神

建学の精神

学術とスポーツの真剣味たれ

校 訓

真剣味

教育目標

建学の精神・校訓を体得し、知・徳・体のバランスがとれた人格を養成するとともに、平和的・民主的な社会の形成者を育成します。
また、本校の輝かしい歴史と伝統に浴しながら、愛校心と生徒相互の連帯意識を養成するとともに、本校で学ぶ誇りと自覚を持って行動できる生徒を育成します。

  1. 建学の精神の四大綱を、教員が率先垂範することにより体得させ、望ましい社会人としての品性を養成する。
    [1] ルールを守る
    [2] ベストを尽くす
    [3] チームワークをつくる
    [4] 相手に敬意を持つ
  2. 自ら学ぶ術を高め、それぞれの個性・適正を重んじた進路の実現を図る。
    [1] 自己教育力の確立を図る
    [2] 適切な進路指導を実践する
    [3] 進学指導の充実を図る
  3. 高大連携教育の推進と充実を図る。
  4. 自主・自立の精神を養い、実社会において主体的に生きる力を育成する。
  5. 本校の生徒としての誇りと自覚を持ち、自分に厳しい自律心と他には優しい思遣りの心を備え、自他の健康・安全に配慮できる人間を育成する。

alt

 

このページのトップへ