先輩からのメッセージ

高大連携教育+ME OB・OGの声

voice[2017年度] 幅広い心理学の学びに、関心と意欲が向上。

中京大学心理学部1年
服部 準也さん(名古屋市立神丘中学校出身)

【単位認定型専攻授業】
人間の発達や子どもとその親の心理など、発達心理学に関する講義を大学生と一緒に受けました。それまでは臨床心理学に関心をもっていましたが、心理学の幅広い領域を知ると同時に、人の心理や行動を科学的に証明する学問の奥深さと面白さを実感。4領域をカバーする中京大学の心理学部で、もっと知識を広げたいと考えるようになりました。また、短期留学などにも積極的に挑戦したいと思っています。

voice[2017年度] 体験を通した気づきを、大学進学後の力に。

中京大学総合政策学部1年
鳥居 紗歩さん(東郷町立春木中学校出身)

【シンガポール海外研修】
研修先では、さまざまな人たちと積極的にふれあいたいと考えていました。現地の大学生と交流するプログラムでは、ジェスチャーを交えながら英語での会話を楽しむことができました。また、アメリカやインドからの観光客の方とお話しする機会も。英語をツールにコミュニケーションを深めることができ、語学の重要性を肌で感じました。大学進学後も留学などを通して異文化にふれ、視野を広げていきたいです。

voice[2017年度] 困難に立ち向かう強さを礎に、未来へ。

名古屋市役所 勤務
笹野 峻平さん(2017年3月スポーツ科学部卒(豊橋市立東陵中学校出身))

大学3年生の春、本格的に公務員を志すように。中京大学の資格センターが開講する公務員対策講座を利用して勉強を進めました。面接試験では、高校時代の硬式野球部で培ったどんなに苦しいときにも下を向かずに頑張れる力をアピール。中京大中京の生徒はみんなイキイキとしています。さまざまな分野でトップを目指して勉強やスポーツに打ちこむ仲間たちの姿も、大きな刺激になりました。

voice[2017年度] 高校で出会った仲間の存在が、成長の糧に。

全日本空輸株式会社(ANA) 勤務
伊藤 有里さん(2017年3月国際英語学部卒(名古屋市立前津中学校出身))

英語や留学に興味があり、国際英語クラスのある中京大中京に進学。日々の授業はもちろん、TOEIC®対策や海外研修などを通じて英語力を磨くことができました。先生との距離も近く、きめ細かな指導が確かな力につながりました。そして、意欲の高いクラスメイトと学ぶ中で培った主体性と積極性が、世界に視野を広げるきっかけに。高校、大学7年間を共に切磋琢磨した仲間に感謝しています。

大学合格者の声

voice[2017年度] 早期の目標設定と計画性で、志望校に合格。

早稲田大学 教育学部(国語国文学科) 合格
牛田 陽子さん(名古屋市立浄心中学校出身)

1年生のときの難関大学見学会をきっかけに、早稲田大学を志望するように。中京大中京では、先生方が親身になって受験勉強をサポートしてくださいます。私は数学が苦手でしたが、受験までの学習スケジュールを個別に作成いただき、安心して勉強を進められました。また、試験直前は不安を感じることもありましたが、家族のように支えてくださり、本番でも実力を発揮できました。3年間、生徒のやる気を全力で応援し、見守ってくれた先生方のおかげで合格をつかめました。

voice[2017年度] 熱意ある先生や友人たちが、大きな支えに。

名古屋大学 工学部 合格
梶田 竣さん(春日井市立中部中学校出身)

本格的に受験勉強をスタートしたのは、2年の冬頃。それからは、平日は授業後に6時間、休日には8時間以上を勉強の時間に充て、先生方の熱心な指導のもと、受験直前まで万全の対策を重ねていきました。同じ目標をもつクラスメイトの存在はとても心強く、高いモチベーションを維持することができました。そんな仲間たちと学校行事などにも一生懸命取り組み、満足のいく3年間に。中京大中京で身につけた積極的な姿勢を大学・大学院の6年間につなげていきたいと思っています。

voice[2017年度] 互いを高め合った、仲間との充実した高校生活。

名古屋市立大学 経済学部 合格
矢野 はづきさん(尾張旭市立東中学校出身)

中京大中京では、いつでも自習室が開放されています。私は、解らないことがあればすぐに先生に聞くことができる環境を活かし、授業前や放課後にも自習室で勉強しました。また、土曜講座や特進補習などの高校独自のサポートもフル活用し、学習塾に通うことなく志望校に合格することができました。ここには、目標に向かって共に切磋琢磨する仲間がいます。かけがえのない友と出会い、勉強だけでなく、学園祭などの学校行事にも全力で取り組めたことは、高校生活の最高の思い出です。

voice[2017年度] 野球に打ち込む集中力が、勉強にもプラスに。

名古屋市立大学 経済学部 合格
瀬川 凌一さん(大口町市立大口中学校出身)

より高いレベルで野球をしたいと思い、中京大中京に進学。入学直後から国公立大学の受験を見据え、高校のサポートをフル活用しながら、日々の授業で基礎学力をしっかりと身につけたり、通学の時間を使って英単語を覚えるなど、自分なりに目標と計画性をもって取り組んでいきました。部活動に打ち込む集中力は勉強への意欲にもつながり、メリハリをつけて両立することができました。そして、目標に向かって努力する生徒を懸命に支えてくれる環境が、志望校合格に導いてくれました。
 

このページのトップへ