校長メッセージ

自らの未来と真剣に向き合える環境のなかで、個性を輝かせ、新たな世界を生き抜く強さを。

img_message_01

グローバル化によって多様な文化や価値観が交錯するなかで、これまでの常識では捉えられない大きな変化が社会のあらゆる領域で進行しています。しかも、科学技術の進化が、その変化を加速させています。例えば、今ある仕事が数年後に消えているかもしれません。皆さんはそんな先を見通すことの難しい時代を生きています。求める答えは他から与えられず、自ら探し、考え、手にしなくてはなりません。本校の教育はまさに、こうした主体性と思考力、行動力をもって未来を切り拓くことのできる、完全なる社会人を育てることを目的としています。

それはすでに、本校の建学の精神「学術とスポーツの真剣味の殿堂たれ」に示されています。この言葉は、学園創立者・梅村清光先生の教育者としての信念を集約したもので、水戸学の「文武不岐」の精神に基づいています。文武不岐とは、学術における真理の探求も、スポーツの鍛錬を通して人として大きく成長することも同じであることを示しています。そして「人として大きくなる」とは、知識、体力の増進のみを指すのではなく、他者に対して尊敬と思いやりの心をもち、自らの能力を最大限に発揮できる人となることに他なりません。それは、どんな時代にも、いかなる世界にも通じうるもの。皆さんには、そんな本物の強さをこそ、身につけていただきたい。

そのために本校では、中京大学と連携し7年一貫教育を展開する進学コースをはじめ、難関大学進学を目指す特進コース、卓越した語学力と国際性を身につける国際英語クラス、世界レベルのスポーツ人材を養成するスポーツクラスなど、一人ひとりの個性に応じた成長の場を用意しています。さらに、留学や国際交流活動、大学や産業界との連携授業など、体験を通して自分自身の大いなる可能性に気づき、存分に伸ばすことのできる機会を多様に提供しています。この良質な刺激に満ちた学校生活のなかで自らの未来と真剣に向き合い、あなたという個性を磨きあげ、新たな世界に輝かせてください。

中京大学附属中京高等学校  伊藤 正男

 

このページのトップへ