COURSE T

特進コース

【主な進路】国公立大学・難関私立大学
中京大学(10学部)

国公立大学や最難関私立大学合格を目指すコース。最新の入試情報を踏まえた独自のカリキュラムのもと、新たな大学入試にも対応できる知識と能力を育成します。

国公立大学や難関私立大学合格を目標に、最新の入試情報をもとにした本校独自のカリキュラムを用意。大学入学共通テストや二次試験はもちろん、小論文や面接など多様な試験に対応した学びを実施しています。英語・数学における習熟度別授業の導入をはじめ、基礎学力の充実と応用を伸ばす補習、実践的な受験学力を伸ばす講座など、一人ひとりの目標に応じた学習環境を提供しています。また、進路指導にあたっては、進路指導担当教員が担任教員と密に連携し、一人ひとりの目標を設定・管理し、主体的に学ぶ姿勢を育成するなど、きめ細やかなサポートを行っています。

Learning support

大学入試対策

最新情報をもとに
独自のカリキュラムを整備。大学入学共通テストや二次試験、小論文や面接など多様な試験に対応します。

徹底した個別指導

習熟度別授業を導入し、生徒一人ひとりの目標に応じた学習環境を提供。各自のレベルに合わせて
学力アップを図ります。

自律学習支援

自らの目標を設定し、主体的に
学ぶ姿勢を育成。進路指導担当教員が担任教員とともに
きめ細やかなサポートを行います。

PICK UP

土曜講座・集中講義

土曜日の午前中(3年生は午前と午後)を活用し、英語・数学・国語の学習講座を実施。長期休暇中には特進補習と集中講義で大学受験対策も行います。

大学入学共通テストへの対応

大学入学共通テストなど新たな入試制度にも対応し、アクティブラーニングの導入や論述テストの充実による、思考力や表現力を伸ばす指導を展開しています。

キャリア探求プログラム

大学見学会への参加や企業人による講演などを通じて、大学の研究や職業についての理解を深め、自らのキャリアを考えた「学びの設計書」を作成します。

小論文指導

「総合的な探究の時間」で小論文指導を行い、読解力・思考力・論述力を磨きます。また、年2回実施される小論文模試を受験し、専門的な添削指導を受けます。

学習支援システム・Wi-Fi環境の充実

全学年にスタディサプリを導入し、全科目にわたって、自主的学習を支援しています。また、iPadの貸出を行い、自習室で自由に視聴できる環境を整えています。

学びのプラットフォームセミナー(1・2年生)

夏期休暇前半に4日間、長時間学ぶことでクラスメートと切磋琢磨します。学習サイクルを身につけ、基礎的な知力・学力を中心に学びの土台となるものをしっかり習得し、「自主的に学びに向かう姿勢」を育成します。また大学教授の講演会で学ぶ意義についてじっくり考えたり、本校OB・OGと受験や大学での学びについて座談会も実施します。

進路報告会
(1・2年生 3月)

進路が決まった3年生や卒業生を招き、志望校の選び方や学習方法についての実体験を聞きます。

多様な試験への個別指導
(3年間)

近年増加している小論文試験や面接試験に対応。小論文は生徒の志望学部・学科に応じた指導を個別に行います。面接は、自己アピールの内容や話し方、姿勢まで指導担当教員が個別に指導します。

Voice

特進コース3年 服部 寛大さん
(名古屋市立扇台中学校出身)

目標や気持ちに寄り添ったきめ細やかな指導

多くの生徒を難関大学合格に導いてきた実績にひかれ、特進コースを選びました。 特進コースの魅力は、 一人ひとりの目標や気持ちに寄り添ってくれる、 きめ細やかな指導です。「何のための勉強なのか」「今何をすべきか」「どんな姿勢で取り組むべきか」など、先生から具体的なアドバイスをもらうことで、 勉強に対するモチベーションが上がるのを実感し、主体的に勉強する習慣も身に付きました。同じ目標を持つ同級生の姿勢にも刺激されています。将来の夢は、情報を活用して未来を創造すること。その第一歩として、国立大学の情報系学部への進学を目指します。

特進コース 担任 落合 良紀 教諭

生徒のポテンシャルを最大限に引き出す指導

特進コースは2クラスという少人数なので、生徒によっては1年次から国立大学受験を見据えた学習に取り組むなど、個々の目標や習熟度に応じた、生徒主体の指導を行っています。指導で心がけているのは、生徒のポテンシャルを最大限に引き出すこと。基礎力を強化し、結果を出すことで得られる「やればできる」という感覚を積み重ねて、自信に繋げてほしいと思います。毎日全力で学習することで、自分でも知らなかった実力に気づく。これが志望校合格ヘの大きな一歩になるはずです。

Curriculum

※印の科目は進路に応じた選択科目です。
〇2021年度入学生用カリキュラムです。2022年度以降については変更する可能性があります。