学校案内

教育理念

自律の精神と自他の個性を重んじる心を育む

初代校長の梅村清光は、校訓を次のように掲げ、 心身の調和ある発達過程において、 自律の精神と自他の個性を重んじる心を育むことを宣言しました。
その精神は時代を超え、変わらざる教育理念として今に引き継がれています。

校訓

真剣味

建学の精神

学術とスポーツの真剣味の殿堂たれ

教育目標

中京大学附属中京高等学校は、生徒一人ひとりが本校の輝かしい歴史と伝統に浴しながら、

  • 1. 建学の精神・校訓を体得し、知・徳・体のバランスがとれた人格をつくる
  • 1. 生徒相互の連帯の中で、 自らに厳しく他に優しい自律と思いやりの心を育む
  • 1. 個性を重んじる指導のもと、自主自立の精神と主体的に生きる力を習得する

ことにより、本校で学ぶ誇りと自覚を持って行動し、生涯にわたり平和的・民主的な社会の形成に貢献しうる人材を育成する。

四大綱

建学の精神に定める四大綱に基づいて、社会人として最も必要な人間教育を行います。

  1. ルールを守る
    社会のきまりやモラルを大切にする心を育成する

  2. ベストを尽くす
    目標に立ち向かうチャレンジ精神を育成する

  3. チームワークをつくる
    協調性と社会性を身につける

  4. 相手に敬意を持つ
    他者の存在や意見を尊重する

校 風

1923年(大正12年)、水戸学の精神「文武不岐」の流れを汲む教育者・梅村清光が、校訓「真剣味」を掲げて創立した中京商業学校を母体として誕生しました。その校風は、学術、スポーツの両面において明確なる目標のもとに生徒たちが切磋琢磨する、まさに真剣なる学び舎として、有望有為な多くの卒業生を輩出してきました。

建学の精神